「BANK's HOME」へ寄せられた質問や不安に感じることなどへQ&Aのかたちでお答えいたします。
その他のご質問がありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

収納をどう使う?クローゼットの活用アイディア

クローゼットが居室にあるか。広さはどのくらいか。自分が住まいを選ぶ時の条件として、クローゼットへのあれこれはかなり上位の条件として入ってきます。
各部屋にたっぷりと収納スペースがあれば、さまざまなアイディアで楽しみながら収納を活用できますね。

今回は、クローゼットをどのように使うか、活用アイディアをご紹介します。

 

美しい収納にプラスアルファで毎日を楽しく

クローゼットの中は普段は見えないから……と、適当なケース、あるいは段ボールでものを収納していませんか?
クローゼットは扉を閉めてしまえば見えないけれど、頻繁に開ける場所でもあります。せっかくならば綺麗な方がいいですよね。

たとえば衣類を入れるカラーボックスや小物を入れるケースなど、クローゼットの中で使う収納ケースの色を統一するだけでもかなりスッキリと片付いて見えるので、おすすめです。
さらに、お気に入りのインテリアテイストなどを採り入れて、自分だけにカスタマイズしてみるのはいかがでしょうか?

毎日頻繁に目にする収納スペースを、ちょっとウキウキする場所にするだけで、毎日の暮らしの時間がきっと楽しいものになるはずです。

 

クローゼットを書斎やワークスペースとして活用

「クロッフィス」という言葉を知っていますか?

DIY好きに数年前からじわじわと流行り始めている、closet(クローゼット)+office(オフィス)=cloffice(クロッフィス)という造語で、名前の通りクローゼットをミニオフィスとして使うことを指します。

昨今のテレワークの増加で、オフィスとして使えるスペースのない間取りの家での苦肉の策としても、注目されていますね。
クローゼットの使い方としてはかなり思い切っていますが、こういった活用法も案外面白いもの。子どものころの秘密基地感覚で、ワクワクするマイスペースを作ってみませんか?

 

各部屋に収納を確保した理想の間取り

バンクスホームでは各居室にクローゼットを確保しているので、客用の寝具や季節外れの洋服、旅行用のスーツケース、子供のおもちゃまでしっかりと収納できるところが魅力です。

かさばるものも余裕で収納でき、スッキリと暮らすことができます。
さらにバンクスホームの収納の大きな魅力は、大容量の床下収納(ポニーウォール)と、広々としたロフト。収納としても活用できますし、趣味や子どものプレイルーム、プライベートの図書館など、使い方も無限大です。
床下収納についてはご紹介記事もぜひ参照してみてくださいね。

約18㎡!広い床下収納スペースの活用アイディア〜BANK’s HOMEの魅力

 

クローゼットの活用アイディア、いかがでしたでしょうか。さまざまな活用法はありますが、部屋がスッキリ片付くことで快適に暮らすことができるのは大きな魅力ですよね。

今回ご紹介したバンクスホームは、自宅+賃貸の「賃貸併用住宅」を住宅ローンで建てる、今までにはなかった新築住宅。
半分を賃貸にして収入を得ることで、将来の貯蓄に3000万円以上の差を生み出す、ご家族の夢と豊かな暮らし叶える住まいです。

オフィシャルサイトでは見学会などのイベント情報の発信や、様々なBANK’s HOMEの魅力を紹介しています。
下記から詳しくご覧いただけますので、ぜひご参照ください!

BANK’s HOME バンクスホームオフィシャルサイトはこちらから