「BANK's HOME」へ寄せられた質問や不安に感じることなどへQ&Aのかたちでお答えいたします。
その他のご質問がありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

収入を生む家「BANK’s HOME」、建物の魅力~FPが教える「一生得する」住まい選び

自宅部分と賃貸部分が1棟になっている賃貸併用住宅、「BANK’s HOME(バンクスホーム)」。マイホームとしてはもちろん、賃貸住宅としても「ここに住みたい!」と思える魅力的な建物だからこそ、 “収入を生む家”になるのです。
そこで今回は、BANK’s HOMEの建物としての魅力をご紹介します。

 

他に類を見ない外観デザイン

まずは見た目、外観デザインです。

BANK’s HOMEには、年月を経ても色あせることのない伝統的なヨーロピアンデザインの「La storia(ラ・ストーリア)」、美しい木の風合いが建物を引き立てる洗練されたデザインの「Wood Maison(ウッドメゾン)」などがあります。

「こんなファミリー向け賃貸物件、見たことがない!」
そう感じる、圧倒的な差別化と高いクオリティのデザインです。

 

 

自然素材にこだわった本物志向の内装

外観デザインだけではありません。内装にもこだわっています。
ドアや壁、室内建具には使い込むほど味が出る無垢材を採用しました。またオーク材とロートアイアンの手摺、クリスタルガラスのドアノブなど、本物の素材にこだわったインテリアパーツが満載です。

La storia インテリア 画像
本物ならではの質感が楽しめます!

La storiaのお洒落なドアノブ

 

住宅としての高い基本性能

安心、快適な毎日を過ごすために、耐震性、断熱性、防犯性が高い建物であることも、大きな魅力です。

地震が多い日本では、家族や財産を守る丈夫な構造の家に住むことが欠かせません。BANK’s HOMEは、構造計算に裏付けられた安心の耐震+制震性能で、国内最高の「耐震等級3レベル」が標準となっています。
また日本には四季がありますから、「夏涼しく、冬暖かい」住まいを実現する断熱性の高い省エネ設計です。
さらにセキュリティに優れた高性能のシリンダーキーと宅配ボックスを標準採用しています。

 

収納力に優れた遊び心ある間取り

空間を利用した柔軟な間取りも特徴です。
例えばBANK’s HOMEのLa storiaは、ゆとりある間取りの3LDKに加えて、床下倉庫とロフトがあります。
ロフト部分はフリースペースになっていますので、収納部屋としてはもちろん、テレワーク用の書斎にしたり、お子さんのプレイルームにしたりなど、自由に使うことができるのが魅力です。


 

住む人目線で考えた建物だから、一度住んだら引っ越せない

BANK’s HOMEは、建物としてのデザイン性も機能性も高い住宅です。見学にいらした方は
「痒いところに手が届くお家」
「一度住んだら引っ越せない」
とおっしゃいました。
まさにその通りで、住む人の立場になって、細かいところまでよく考えられています。
マイホームとして安心して快適に住むことができるので、賃貸部分に入居した方に長く住んでいただくことができるのです。

この高品質で魅力的な建物を、大手メーカーの価格より安く建てることができるのも大きな魅力です。FPの立場から見ても、非常にコストパフォーマンスの高いお買い得感のある物件だと言えます。

 

BANK’s HOMEでは、まず家の購入を考える前に、人生でのお金の流れをきちんと把握することをおすすめしています。
ライフシミュレーションを無料で作成できますので、ぜひお気軽に問い合わせをしてみてください。

ライフプランについてのご案内はこちらから
https://www.banks-home.com/lifeplan/

 

[川西 こうじ]
七福計画株式会社 代表取締役、ファイナンシャルプランナー、住宅財産プランナー。⼤学で機械⼯学を専攻後メーカーに就職し技術職、営業職として活躍していたが、阪神淡路⼤震災での罹災を機に⽣命保険業界へ転職する。直営代理店経営を経て、より細やかなサービスを⽬指して保険代理店「七福計画」を設⽴。これまでのコンサルティング数は500社を超える。