「BANK's HOME」へ寄せられた質問や不安に感じることなどへQ&Aのかたちでお答えいたします。
その他のご質問がありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

「賃貸併用住宅」BANK’s HOME 5つのメリットと安心の理由

BANK’s HOME(バンクスホーム)は、ゆとりある暮らしを叶えることができる「賃貸併用住宅」。新築住宅の半分をマイホーム、半分を賃貸にすることで、金利の安い住宅ローンを利用して収入を生む家を建てることができます。

 

賃貸併用住宅 BANK’s HOMEのメリットとは?

では、賃貸併用住宅であるバンクスホームには、どのようなメリットがあるのでしょうか。
ポイントは5つあります。

1つ目は、「実質0円で住宅資産を取得することが可能」ということです。
これは地域によっても変わってきますが、金利の安い住宅ローンを最大限に利用することで、少ない自己資金でも土地と建物を手に入れることができます。また、家賃収入によりローン返済を実質ゼロに近づけることも可能で、中には収入が増えてプラスになっているケースもあります。

2つ目は、「ライフスタイルの変化にも対応可能」ということ。
人生にはさまざまなライフイベントがあります。例えば急な転勤があった場合、自宅部分を賃貸にすることで、家賃収入を増やすことができます。あるいは将来、ご両親やお子さん家族と一緒に住むことになっても、賃貸部分を活用すれば二世帯住宅にすることもできるのです。

3つ目は、「住宅ローン完済後に家賃収入が継続する」ということです。
ここが一般的な戸建て住宅との大きな違いであり、高齢になっても年金以外の副収入が確保できますので、ゆとりある老後を過ごすことができます。

 

空室やライフスタイルの変化などにも安心

4つ目は、「担当のFPがいる」ということ。これがBANK’s HOMEの大きな強みです。
例えば2つ目のポイント、ライフスタイルの変化に対応する場合でも、FPがいれば心強いでしょう。
また以前にもご説明しましたが人生設計、ライフプランを立てずに人生100年時代を生きることは、とても危険なことなのです。ですから私たちが提案する賃貸併用住宅では家を建てた後も、専任のFPが継続してライフプランをサポートします。

そして5つ目は、「空室補償制度」です。
BANK’s HOMEでは、第三者による空室補償制度をご用意しています。ご希望される方は保険料をお支払いいただくことで、空室でも一定の家賃収入を確保することができるのです。

 

持ち家とBANK’S HOMEで、家計はどう変わる?

では一戸建住宅を購入した場合と、BANK’S HOMEを購入した場合の家計を比べてみましょう。このシミュレーションは、ヨーロピアンスタイルの「La storia(ラ・ストーリア)のケースです。青が収入、赤が支出、黄色が貯蓄。収入が一時的に増えているのは、退職金があるからです。

2つのシミュレーションを見ると、貯蓄に大きな差がでていることがわかります。
一戸建住宅の場合は、退職して収入が減ると貯蓄もどんどん減っていくので、年金の範囲で生活しなければ貯金がなくなり、破綻してしまう可能性があります。
一方、BANK’S HOMEの場合は、老後は年金に加えて家賃収入がありますので、ゆとりのある生活を送ることができるだけでなく、貯蓄も増えていく。つまり「住まいの購入」と「豊かな老後」、この両方を実現することができるのです。

BANK’s HOMEでは、まず家の購入を考える前に、人生でのお金の流れをきちんと把握することをおすすめしています。
ライフシミュレーションを無料で作成できますので、ぜひお気軽に問い合わせをしてみてください。

ライフプランについてのご案内はこちらから
https://www.banks-home.com/lifeplan/

 

[川西 こうじ]
七福計画株式会社 代表取締役、ファイナンシャルプランナー、住宅財産プランナー。⼤学で機械⼯学を専攻後メーカーに就職し技術職、営業職として活躍していたが、阪神淡路⼤震災での罹災を機に⽣命保険業界へ転職する。直営代理店経営を経て、より細やかなサービスを⽬指して保険代理店「七福計画」を設⽴。これまでのコンサルティング数は500社を超える。