「BANK's HOME」へ寄せられた質問や不安に感じることなどへQ&Aのかたちでお答えいたします。
その他のご質問がありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

賃貸併用住宅 成功事例紹介~神奈川県伊勢原市~

家族プロフィール

夫:28歳 電機メーカー勤務 年収500万円
妻:26歳 電機メーカー勤務 年収300万円
子ども:なし
 

住宅を購入しようと思ったきっかけや不安

結婚をして1LDKの賃貸住宅に2人で住んでいましたが、このまま家賃を払い続けるだけで、資産の残らない賃貸住宅に住み続けることに疑問を感じたことがきっかけです。
ただ、持ち家となると大きなローンを抱えることになり、35年間もそれを払い続けることへの不安がありました。
将来的に子どもが欲しいという希望もあり、その時に妻がいつまで働けられるか、世帯収入が減った時に生活費がまかなえるか、転勤になった時に自宅はどうなるのかなど、多くの不安がありました。
 

賃貸併用住宅「BANK’S HOME」を知ったきっかけ・動機

【FPの無料相談】
このまま賃貸住宅に住み続けるか、分譲マンションを購入するかなど、自分たちにとって何を選択することが良いのか考えていましたが、実際に相談できる人が周りにいませんでした。
そんな時、妻がWEB広告をみて、「お金の専門家」である住宅財産プランナーさんへの無料相談に申込みました。
 

5000万円得するマイホームに対する最初の印象

私たち2人とも全く信用していませんでした。
頭に浮かんでいたのは、あくまでも賃貸か持ち家かの2つの選択肢だけで、まさか自宅を購入して家賃収入を得るなんてことは考えもしませんでした。
賃貸併用住宅で家賃収入を得るなんて、サラリーマン投資家のような人たちがやるものであって、自分ごととしては捉えていませんでした。
 

住宅財産プランナーによるセミナーや無料相談を受けた感想

私自身、妻に誘われて無料相談に同席しましたが、はじめは、ライフプランニングをすること自体には、あまり乗り気ではありませんでした。なんか自分たちのことを丸裸にされるようで……。
しかしながら、担当のFP(ファイナンシャルプランナー)さんと話をしていくうちに、ライフプランニングをすることの重要性に気付かされました。

私は電機メーカーで営業をしていますが、年間の計画表をもとにスケジュール管理をしています。それを思い出し、自分の人生に計画表がないことへの危機感を覚えたのです。
自分ごととしては考えられなかった「お金を生み続ける住宅資産」についても、「なるほど!」と感じることばかりで、将来への不安を考えた時に自分たちにピッタリな住宅購入方法だと思いました。

今回の無料相談を通じて、妻と2人で将来の夢や家族構成についてじっくり話ができたことも良かったと思っています。
 

BANK’S HOMEを気に入っているところは?

まるで地中海の高級リゾートホテルのような真っ白い壁や、素敵な玄関ドアなど、家の前を通る人が立ち止まって見てくれるほど、周りには無い建物デザインです。
リビングの天井高が3m以上あり、スキップフロアになっていることで、お部屋が広く、開放的に感じられることも大変気に入っています。
 

賃貸経営を実際に始めて困ったことはありますか?

はじめは、本当に入居者が隣に住んで家賃を払ってくれるか不安でしたが、建築中に入居申し込みがあり、ホッとしています。
住んでくれた入居者も、私たちと同じ世代の新婚夫婦だったので、今では仲良くご近所づきあいをさせてもらっています。
入居募集や万が一の家賃滞納、クレームに関しても、不動産管理会社に任せられるので安心して仕事に集中できています。
 

空室補償を利用していますか?

はじめての賃貸経営ということもあり、空室補償を導入しようか迷いましたが、利用していません。
家賃収入の10%を保険料とすることで、空室時に家賃の70%を補償してくれる仕組みですが、私たちが「住みたい!」と思う素敵な物件なので必要ないと判断しました。
 

家賃収入をどう活かす予定ですか?

FPさんとの無料相談で実現したいライフプランが出来たので、それを現実化するために活かしていきたいです。
具体的には、家賃収入の半分を繰上げ返済に当てて、残りを外貨預金と趣味やレジャーにまわすことで、将来への貯蓄と楽しみを両立させていきます。
 

賃貸併用住宅BANK’S HOMEで実現したい夢は何ですか?

私たち2人ともサーフィンやシュノーケリングなどマリンスポーツが趣味なので、大好きな海の近くで暮らしたいという夢があります。
住宅ローンを繰り上げ返済して、50歳を目標に沖縄移住を実現したいと思っています。
具体的な目標が出来たことで、毎日の仕事にもやる気が満ち溢れています!

この記事のまとめ

  • 資産の残らない賃貸住宅に住み続けることに疑問を感じ、住宅購入を決意
  • 将来の不安を考えた際に、賃貸併用住宅が良いと思った
  • 部屋が広く、開放的で気に入っている
  • 自分たちが「住みたい!」と思う物件なので、空室補償は必要ないと判断した

 

「将来のお金に対する不安」を解決してくれる賃貸併用住宅について、下記の記事でより詳しくお伝えしていきます。ぜひ併せてチェックしてみてください!

 

関連記事:賃貸併用住宅〜メリット・デメリットと後悔しない家づくり

賃貸併用住宅「バンクスホーム」についてはこちらをご覧ください。
バンクスホーム オフィシャルサイト