「BANK's HOME」へ寄せられた質問や不安に感じることなどへQ&Aのかたちでお答えいたします。
その他のご質問がありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

美しくて耐久性バツグンのフローリング「オークフロア」〜BANK’s HOMEの魅力

うっかり床に物を落として傷をつけてしまう、誰にでも一度はある失敗だと思います。
たくさんの種類がある床材の中で、傷つきにくい素材があることをご存知ですか?
今回はそんな傷がつきにくい床材「オークフロア」についてご紹介します。

 

フローリングにもいろんな種類がある

フローリングには大きくわけて「無垢フローリング」と「複合フローリング」の2つの種類があります。

無垢フローリングはナチュラルな風合いが魅力ですが、傷や伸縮など扱いづらいデメリットも。
その点、価格も安く扱いやすいのが複合フローリングです。この複合フローリングには「突き板フローリング」や「シートフローリング」があり、表面加工がされたものは耐久性などの機能性が高くなっています。

BANK’s HOMEで採用しているのは、複合フローリングの「オークフロア」。表面に木目プリントを施したシートフローリングですが、まるで本物の無垢材のようで、これまでのシートフローリングとは一線を画す高級感のある見た目。機能性も高く、快適な居心地のお部屋にしてくれる床材です。

 

BANK’s HOMEのオークフロアにはどんな特徴があるの?

BANK’s HOMEのオークフロアのいちばんの特長は、お部屋に高級感をもらたす美しさ。通常の床の幅が70〜90mmなのに対し、一枚一枚の幅が倍以上の197mmもあります。
細い板がいくつも並ぶと部屋が狭く感じてしまいますが、BANK’s HOMEのオークフロアは一枚一枚が大きいので空間が広く見える、いわゆる「高見え」するフローリング。フローリングに高級感があることでお部屋全体がグレードアップします。

BNK'sHOMEのフローリング

 

傷がつきにくく、メンテナンスもラクラクの床材

無垢材はとても美しいですが、その分メンテナンスが大変ですね。
その点、BANK’s HOMEのオークフロアはメンテナンスは不要で美しさをずっと保つことができます。
傷や汚れ、火にも強いので、長期的にみると修繕費などを大幅に削ることができ、コスト面でもおすすめの床材です。

 

質感や肌ざわりが無垢材以上、高級感があるのにメンテナンスがラクラクの進化系フローリング「オークフロア」。
BANK’s HOMEでは美しい床材オークフロアをはじめ、さまざまなこだわりの部材を採用し、魅力ある住宅を設計しています。

詳しくは下記のページでご覧いただけますので、ご興味のある方、マイホームの建築をお考えの方は、ぜひご参照ください!

建築実例